逆流性食道炎にターゲットを絞ったおまとめサイト

このサイトは、逆流性食道炎に関する数多くのブログやHPをまとめて掲載したサイトです。
見やすさよりも、逆流性食道炎に関する記事を広範にまとめて紹介することで、逆流性食道炎で悩む方にそれぞれピッタリくる情報を提供しようという趣旨が感じられます。

おそらく逆流性食道炎の記事を集めたサイトとしては最大級であると思われます。
集められているブログやHPの内容の多くは逆流性食道炎の患者さんやドクター監修のモノですが、内容の正否は定かではありません。

様々なユニークな投稿―アイスクリーム編―

アイスが好きな患者さんのブログには次のような涙ぐましい記載がありましたので概要を紹介します。
夏暑くなると甘くて冷たくておいしいアイスだけど、逆流性食道炎の患者には悪影響を与えてしまいます。
それでもどうしてもアイスが食べたい逆流性食道炎の患者さん向けに、何とかしてアイスを食べる方法を考えたのだそうです。
その方も食道炎の患者さんで、自ら思いついた方法で2年ぶりにアイスを食べました。
ただし、冷た過ぎたり、熱過ぎたりする飲食物は、胃に刺激を与えて逆流性食道炎を再発させやすいため、十分に症状が落ち着いている人だけにしましょう。

この方が勧めるアイスの食べ方は、アイスを食べる際に胃が冷えてしまうこと防ぐために、温かいお湯を用意してアイスを一口食べて胃に流し込んだら、すぐに温かいお湯を飲むのだそうです。
これを繰り返しながらおいしくアイスを食べても胃を冷やし過ぎないことが可能になったそうです。

注意点を2つ挙げられており、1つ目はゆっくりアイスを食べることで、アイスが溶けない内にと慌てて食べると胃を冷やしてしまうので、あくまでもゆっくりペースが重要とのことです。
ポイントは、アイスをスプーン1杯口に運んだら、口の中で溶けるのを楽しんで飲み込むことです。

2つ目は、連日でアイスを食べない事で、症状が再発しないからと油断をしてはいけません。
逆流性食道炎は自覚症状が消え治ったと思ってもまだ異常がある場合が多いので危険は避けましょう。
具体的には、出来るなら7日に一度、最低でも中2日以上は空けた方が良いそうです。

様々なユニークな投稿―アルコール編―

逆流性食道炎になったら、直ちに飲酒を辞めなくても良いとする記事もありました。
その根拠は、習慣的に飲酒をしている方が急に飲酒をやめると、ストレスを抱えてしまうリスクの方が大きいというものです。
つまり、日常の仕事や人間関係で蓄積されたストレスを飲酒行為で発散していた方が、急に飲酒をやめるとストレス発散方法がなくなり、他の病気のリスクが生じるというのです。
そこでこの方は、急に断酒をするのではなく少しずつ酒量を減らしていくのが身体的にも精神的にもベストだと言います。