研究所と学校法人の統合で新たに開設された病院

東京都港区白金にある大規模な病院で、もともとの病院の開設年は1954年と古いのですが、北里学園と同研究所が合わさり2008年に開設されています。
この病院の歴史をさかのぼると、福澤諭吉のサポートを受け北里柴三郎が開いた本邦初であった結核専門病院に行き着きます。
慶応大学医学部と関係が深いのはこのことが理由で、北里は慶応大の初代医学部に就任しています。

その後開設年とされる1954年に記念事業として付属病院を開設し、総合業院へと発展をして今日に至っているのです。
現在の病院は医師約70名、看護師約260名を始め、スタッフの総数は約560名にも上る規模を誇り、病床数も270床を数えます。
そのうち治験病床に60床が当てられており、新薬開発のための社会的責任を担っていることがうかがわれます。
標榜する診療科は、内科はじめ、眼科、耳鼻咽喉科に至るまで幅広く30以上の科を擁しています。

紹介状がなくても受診は可能

大きな病院を受診するには、紹介状がいるのではと心配する方も多いと思いますが、紹介状がなくても受診可能です。
ただし、そのケースは選定療養費名で3,000円が別途必要となります。
紹介状があるケースでは、選定療養費が不要となるのみならず、紹介医院との情報共有で不必要な検査等の重複がなくなり、経済的にも身体的にも負担が少なくて済みます。

出来る限り、現在通院中の医療機関に申し出て紹介状を出してもらえるようにしましょう。
なお、通院中の医療機関が北里研究所病院とタイアップしていなくても構いません。
また、北里研究所病院は原則として予約制が採られており、初診であっても予約をするようにしましょう。
診療科が多くどの科で診てもらえばよいか不明なときは、総合案内で相談すれば的確に指示してくれます。

豊富な人間ドックのコースが用意

北里研究所病院は充実した人間ドッグの各種コースがあり、その特徴として、臨床の第1線で活躍中の医師が担当することやオプション検査も充実している事、異常が見つかれば円滑に診察に移行できること等が挙げられます。
また、病院とは思えないようなくつろげるスペースが用意されている点も魅力です。

日帰りドッグ(60,000円)、1泊2日ドッグ(79,000円)ともに消化器系の検査は含まれていますが、胃カメラは含まれておらず3,000円のオプション扱いとなります。
しかし、せっかく検査を受けるのであれば胃カメラは受けておくべきでしょう。
婦人検診も充実が図られており、子宮頸がん検診や乳がん検診を組み合わせてさまざまなコースが用意されます。
最近、日本での乳がん患者数は急速に増加していますが、これは早い発見で早期に治療を始めると生存率が期待出来るため、定期的な検診が望まれます。