春大根は消化酵素を含む

春に旬を迎える食材には消化酵素を多く含む食材が多いため、逆流性食道炎の人には積極的に摂ることがおすすめな食材が多いです。
特にキャベツやレタス、春大根は旬な食材で美味しい上に消化酵素も多く含んでいるためにおすすめな食材ですから毎日の食事に積極的に取り入れたいものです。
ただし、食べ方に気をつけなければせっかくの体に良いものも症状を悪化させる原因となりますから調理法はきちんと選ぶことが大切です。

春野菜の上手な食べ方

春野菜を食べる際には、消化酵素が多く消化に良いとはされていますが基本的には胃に負担のかかりにくい煮たり蒸したりという調理法で食べることがオススメです。
油で炒めたりパスタにして食べたりするのは美味しいのですが、油の多さや噛まずに食べてしまうことで胃に負担がかかってしまう原因となるので避けた方が良いです。

特におすすめな食べ方にスープにする方法があります。
スープにするために煮込むので野菜が柔らかくなり消化しやすいこと、様々な野菜を入れるために栄養豊富なこと、日によって味を変えて楽しむことができるので飽きずに続けやすいこと、といったメリットがあります。
キャベツや大根、人参といった旬の野菜だけでなく逆流性食道炎に良いとされるナスやピーマン、ブロッコリーや蕪といった野菜を用いても良いですから、春野菜にこだわらなくても作る際にスーパーで手に入る野菜を用いれば良い点も手軽でお勧めなところです。

味付け味噌と牛乳や豆乳での味付けが最もお勧めです。
牛乳には胃の粘膜を保護する役割がありますし、味噌は発酵食品であるために乳酸菌が多く含まれており胃腸に良い食材です。

豆乳もたんぱく質の補給には効果的です。
ただし、牛乳は無脂肪乳、豆乳は無調整豆乳の方が良いです。
牛乳の脂肪分で胃酸が分泌しすぎて胸焼けを起こすこともありますし、同じように豆乳も調整豆乳には植物性油が多く添加されているために胸焼けを起こすことがあるためです。

また、スープに肉類が欲しいと考える婆愛にはささみのような脂身の少ないものが望ましいです。
油の多いものやハムやベーコン、ソーセージのような加工肉は胸焼けの原因となりますから避けるべきです。
白身魚を入れることもお勧めです。

春になると暖かい日も増えてくるので生野菜のサラダや浅漬け、ピクルスにして食べる人も多くいます。
確かに生野菜は調理が簡単で食べやすいですし、外食でもコンビニやレストランでサラダは多く取り揃えられているので取り入れやすいです。
しかし、生のまま野菜を食べるのは胃に負担がかかるので温野菜サラダにしたり加熱処理のされている煮物にしたりする方が望ましいです。