JV195_72A

逆流性食道炎の治療法

逆流性食道炎の症状を改善したり治療したりするためには、一般的には医師に処方してもらった薬で投薬治療をするものです。
多くの人は、通院やと薬治療の前に姿勢を正したり食事に気をつけたり、喫煙や過度のアルコール摂取を控えたりといった生活習慣の改善を行って症状の改善を試みるのです。
しかし、このような生活習慣の改善をしても効果が出るまで時間がかかるものですし、症状が重い人はこのような生活習慣の改善だけでは効果が出ずに辛い状態が続いてしまう人もいます。

そうなると日常生活に支障をきたしてしまうことも出てくるために、通院しての投薬治療を始めることが多いのです。
しかし、可能であれば投薬治療を行いたくないと感じる人も多いものです。最近はインターネットや本での情報も氾濫しており、薬は危険であるという意見をあげる人もいます。

そのために薬に頼らず自分の免疫力や食事で治療をしたいと思ったり、単純に薬をもらうための通院の時間が取れなかったり手間が面倒と感じたりするために通院せずに治したいと思う人もいるのです。
そこで、最近注目されているのがサプリメントを用いて逆流性食道炎の症状を緩和する方法です。

サプリメントでの治療

まず、絶対に頭に入れておかなければならないこととしてサプリメントは医薬品とは異なるため治療を行うことはできないということがあります。
しかし、生活習慣の改善と並行して飲むことで治療の補助的役割となったり、日常生活で困らない程度に症状を緩和する効果があるのです。
また、薬と並行してサプリメントを用いて薬の副作用を抑える効果があります。

逆流性食道炎の治療の際、胃酸が分泌されるのを抑制する薬の処方をされることが多いのですが、この種類の薬はカルシウムの吸収を妨げてしまうことが多くあります。
カルシウムが体内に不足すると骨が弱くなってしまったり骨粗鬆症を起こしてしまったりすることがあるため注意が必要です。

そこで、逆流性食道炎の薬を飲みながらカルシウムやビタミンのサプリメントを摂取して骨がもろくなるのを防ぐのです。
サプリの一例として、「なちゅらだま」というアイテムがあります。
こちらのサイトでも分かりやすく説明されています。
>>http://shizen-no-megumi.com/

ただし、サプリメントも正しい摂取を行わなければその効果が薄れるだけでなく、逆に体調不良の原因となってしまうこともあるので気をつけましょう。
あくまでもサプリメントは治療補助であることを理解すること、服用の際には自己判断ではなく医師や薬剤師に相談の上服用することが大切です。