逆流性食道炎とはどのような病気なのか

逆流性食道炎とは、何らかの理由で食堂に胃液が逆流し、食道がただれて炎症を起こす病気です。
逆流をする理由としては色々と挙げられますが、主に、過剰なストレスや、喫煙、アルコール、コーヒー、華麗によるものなど、様々なものがあるでしょう。
また、ベルトの締め付けや過食など、腹部を物理的に圧迫した結果起こる、一過性の逆流性食道炎も少なくありません。

一過性のものであれば、一度ただれてしまった食道が治りさえすれば、徐々に症状が改善していきます。
ですが、原因が前者の、ストレス性の場合は、アルコール、喫煙などによるものの場合。
根本的な原因が解決しない限り、延々と胃酸が逆流し、炎症が止まることがありません。

まずは原因を探り、原因に合わせた運動を行いましょう

逆流性食道炎は、放置してしまうと、内臓を痛めつけ、食欲不振や体調不良をはじめ、患部の強い痛み、更には、炎症が悪化したことによるただれ、腫瘍に陥ることもあります。
出来るだけ早く原因を探り、原因に合わせたケアを行うことが必要でしょう。

とはいえ、原因が一つだけとは限らない場合もあります。
本人が気付かないだけで、原因がいくつか重なりあっており、発生する逆流性食道炎も少なくありません。
その場合、原因を突きとめるよりも、逆流性食道炎に効果の高い体操をした方が、手っ取り早く状況を改善できることも多いでしょう。

症状を改善するために効果的な体操

簡単に行うことが出来る体操が、腹式呼吸の体操です。
腹筋を使って呼吸をし、胸呼吸、肺呼吸ではなくするのですが、難しいことは考えずに、腹式呼吸をマスターしていきましょう。

腹式呼吸は、息を吸ってお腹を膨らませていき、息を吐きながらお腹をへこませていくことが一連の流れです。
体全体をリラックスし、お腹だけに力を入れて腹式呼吸を行いましょう。
腹式呼吸を実感するためには、一度寝転がってみて、この呼吸法を行ってみることをおすすめします。
真の効果を得るためには、立って行うべきですので、寝転がって腹式の感覚が何となくわかったら、必ず立って呼吸法を行ってください。

腹式呼吸をマスターするためには、腹筋を鍛えることも大切です。
腹筋がある程度鍛えられれば、腹式呼吸を簡単に行うことが出来るでしょう。
とはいえ、体調が悪い中、通常の腹筋をしたら、体調が悪化する恐れがあります。

椅子やベッドに腰かけて、後ろに両手をつき、少し上半身を後ろに傾けて腹式呼吸を行うことで、腹式を意識しながら、腹筋を鍛えることも出来るでしょう。
腹式呼吸を行う際、回数としては、やりすぎてもだめですので、30回前後に止めておくことをおすすめします。