症状を和らげるための体操

逆流性食道炎とはどのような病気なのか

逆流性食道炎とは、何らかの理由で食堂に胃液が逆流し、食道がただれて炎症を起こす病気です。
逆流をする理由としては色々と挙げられますが、主に、過剰なストレスや、喫煙、アルコール、コーヒー、華麗によるものなど、様々なものがあるでしょう。
また、ベルトの締め付けや過食など、腹部を物理的に圧迫した結果起こる、一過性の逆流性食道炎も少なくありません。

一過性のものであれば、一度ただれてしまった食道が治りさえすれば、徐々に症状が改善していきます。
ですが、原因が前者の、ストレス性の場合は、アルコール、喫煙などによるものの場合。
根本的な原因が解決しない限り、延々と胃酸が逆流し、炎症が止まることがありません。

まずは原因を探り、原因に合わせた運動を行いましょう

逆流性食道炎は、放置してしまうと、内臓を痛めつけ、食欲不振や体調不良をはじめ、患部の強い痛み、更には、炎症が悪化したことによるただれ、腫瘍に陥ることもあります。
出来るだけ早く原因を探り、原因に合わせたケアを行うことが必要でしょう。

とはいえ、原因が一つだけとは限らない場合もあります。
本人が気付かないだけで、原因がいくつか重なりあっており、発生する逆流性食道炎も少なくありません。
その場合、原因を突きとめるよりも、逆流性食道炎に効果の高い体操をした方が、手っ取り早く状況を改善できることも多いでしょう。

症状を改善するために効果的な体操

簡単に行うことが出来る体操が、腹式呼吸の体操です。
腹筋を使って呼吸をし、胸呼吸、肺呼吸ではなくするのですが、難しいことは考えずに、腹式呼吸をマスターしていきましょう。

腹式呼吸は、息を吸ってお腹を膨らませていき、息を吐きながらお腹をへこませていくことが一連の流れです。
体全体をリラックスし、お腹だけに力を入れて腹式呼吸を行いましょう。
腹式呼吸を実感するためには、一度寝転がってみて、この呼吸法を行ってみることをおすすめします。
真の効果を得るためには、立って行うべきですので、寝転がって腹式の感覚が何となくわかったら、必ず立って呼吸法を行ってください。

腹式呼吸をマスターするためには、腹筋を鍛えることも大切です。
腹筋がある程度鍛えられれば、腹式呼吸を簡単に行うことが出来るでしょう。
とはいえ、体調が悪い中、通常の腹筋をしたら、体調が悪化する恐れがあります。

椅子やベッドに腰かけて、後ろに両手をつき、少し上半身を後ろに傾けて腹式呼吸を行うことで、腹式を意識しながら、腹筋を鍛えることも出来るでしょう。
腹式呼吸を行う際、回数としては、やりすぎてもだめですので、30回前後に止めておくことをおすすめします。

逆流性食道炎と鍼灸治療

東洋医学

近年、日本国内で逆流性食道炎の患者数が増えています。
これは、食生活の欧米化、生活習慣の乱れ、ストレスといった原因もありますが「逆流性食道炎」という言葉が浸透したことで自分も逆流性食道炎だと認識する人が増えたことも理由の一つにあります。

食生活を改善したり、姿勢を正したり、喫煙や過度のアルコール摂取を控えることで少しは症状が緩和できますし継続して行えば完治することもできます。
ただしこのような生活習慣の改善による治療は効果が出るまで時間がかかりますし、長期にわたって取り組む必要があるため、少しでも早く症状が緩和するように投薬治療を行う人が多いです。

しかし、投薬治療も副作用が出る人もいますし、薬を飲むこと自体が嫌いな人、薬を飲まず治したいと思う人、病院に行く時間がなかなか取れない人もいて、可能であれば投薬治療を避けたいと考える人もいます。
そこで、最近注目されているのが漢方薬や鍼灸といった東洋医学での治療です。

鍼灸での治療

東洋医学というと、漢方や鍼灸での治療が有名です。
一昔前には少し怪しいと思われて避けられてきましたが、最近では自分の持っている自然治癒力を高める治療法として注目されています。
漢方薬は西洋医学に比べて副作用も少ないですし、自分の体の中から状態を改善していくことも人気の理由です。

鍼灸治療では、逆流性食道炎によく効くツボに鍼を刺して治療を行っていきます。
治療後は胸焼けやげっぷといった症状が減ることを実感できます。
消化器の機能を改善したりホルモンの分泌を良くしたりという効果があり、体を正しい状態に導いてくれるのです。

ただし、西洋医学と異なり速攻性があるものではないです。
鍼灸治療と並行してアルコールの量を控えたり禁煙を行ったり、腹八分の食生活やよく噛んで食事をすることなど、生活習慣も改善することが大切です。

鍼灸院の選び方

鍼灸院は通い慣れていない人も多いので鍼灸院選びも大切です。
まずは、必ず免許証を持っているのか確認をすることです。

最近は減りましたが中には無免許で営業しているところもあるためです。
一般的には待合室や目につくところに免許証が掲示されていますが、万が一免許証の掲示がなかった場合には受付や鍼灸師本人に確認をとります。

次に大切なのが衛生管理です。
最近の鍼灸治療は使い捨ての鍼が使われるので感染症の心配はないです。

しかし、昔ながらの鍼灸院やこだわりのある鍼灸師は今でも同じ鍼を用いていることがあります。
そのような際には鍼の消毒がきちんとされているのか確認します。

残念ながら鍼の消毒風景を自分の目で確認ができないことが一般的です。
そこで、施設の清潔さや鍼灸師に直接確認することで鍼の状態で確認をすることになります。

最後に、通院するならば鍼灸接骨院や鍼灸整骨院という整体とセットになっている鍼灸院よりも鍼灸専門の鍼灸院を選ぶようにします。
これは保険の関係でセットでの営業形態をとっているところもあるのですが、やはり鍼灸を専門に扱っているところのほうが安心度・満足度は高いためです。

逆流性食道炎と漢方

JV200_72A

薬に頼らず治したい

逆流性食道炎になると、食べ過ぎ・飲み過ぎでもないのに胸焼けをしたりげっぷが止まらなかったり、呑酸が続いてたりという症状が続きます。
そのような症状だけでなく、人によっては胃酸の匂いが上がってきて酷い口臭が止まらない人もいます。

このような症状を改善するために多くの人は生活習慣を改善することから始めます。
姿勢を正したり食生活を見直したりするだけで治れば良いのですが、それでも症状が改善しない場合には投薬治療を行います。

この際に、できれば薬を飲みたくないと思う人は多いものです。
単に薬が嫌いという人もいますし、薬に頼らず治したいと考える人もいるためです。
そのような時に頼りになるのが漢方です。

漢方での治療

漢方とは、もともと中国で発達しに本寺渡ってから独特の発展をした伝統医学のことです。
人間が持っている病気と闘う力や治す力を高めることに重きが置かれたものです。

治療に使われる漢方薬は自然由来や動物由来、鉱物などの天然物といったものが組み合わされて作られています。
漢方では、逆流性食道炎の症状である胸焼けは「曹雑(そうざつ)」と言われ、曹雑に用いる漢方薬は安中散、旋覆花代赭石湯、生姜瀉心湯などがあります。
安中散は胃の痛みや嘔吐、どんさんを改善するために処方されるものです。

他にも、黄連湯は腹痛、下痢、嘔吐、などに使われる漢方としてあります。
このような漢方を症状に応じて浮くようしてもらうことで症状を緩和して治療していくという方法があるのです。

漢方は天然由来だから副作用がない安全なものである、と思われがちですが全くそうとは言えないです。
西洋薬よりは軽いものですし頻度も少ないですが、全く副作用がないわけではないのです。
食欲減退や、熱や蕁麻疹、動悸や血圧上昇、場合によっては間質性肺炎のような重い副作用がありますから異変を感じたら薬剤師や医師に相談する必要があります。

手術で逆流性食道炎を治す際の流れ

JV193_72A

夜間の強い痛みが特徴的

逆流性食道炎の治療というと、生活習慣を改善したり投薬治療を行うのが一般的です。
しかし、中には手術が必要な場合があります。

まずは、薬を服用しても症状の改善がされない場合があります。
他にも、狭窄や出血、食道炎の程度が重い場合が一般的ですが、他にもバレット食道がある場合があります。

バレット食道というのは、症状としては逆流性食道炎と同じように胸焼けが起こったり胸が痛んだりするのですが、夜間の強い痛みが特徴的な症状です。
原因も明らかになっていませんが、逆流性食道炎が長期的に続くことで起こるものと考えられています。

逆流性食道炎によって、胃酸の逆流して食道粘膜の炎症で細胞が変性してしまうのが原因ではないかと考えられています。
バレット食道になると、胃酸の影響で食道下部の粘膜が胃の粘膜に置き換わってしまうもので、放置していると食道がんの原因になると言われています。
そのため、発見したら手術を行って治療をする必要があるのです。

バレット食道の治療

一般的にバレット手術を行う際には、まずは検査から始めます。
内視鏡検査で胃の中を確認し、手術が必要な状態かの見極めが行われます。
手術が必要と判断されればその後病院と自分の仕事や家の都合とでスケジュール調整を行い手術日を決定します。

内視鏡検査を受ける際には前日夜から食事は禁止、水分摂取は許可されているのが一般的なルールです。
検査の時間帯や用いる機器の都合で水分はどのようなものでも摂取して良い場合と摂取可能なものが限定されている場合がありますから、事前に配布される案内を見てきちんと確認することが大切です。
正しく守れなかった場合には検査が行えないこともありますから注意が必要です。

手術当日も朝から検査を行い、その検査結果をもとに手術が必要であるかを最終判断します。
その結果をもとに手術が必要と判断されれば、手術が行われます。

手術は1時間ほどですが、全身麻酔で手術を行うことが一般的であるため手術後は入院して様子を見るのが一般的です。
退院後は早ければ翌日から仕事に復帰できますから検査から仕事復帰まで早ければ1週間で行うことができます。

手術後の入院日数は体調の回復具合や病院の取り決めによって異なりますから余裕を持ってスケジュールを調整しておくことが望ましいです。
どうしても外せない予定がある場合には、手術の前に相談をして場合によっては手術日や自分の都合を別日に改めます。

手術費用は病院によって微妙な差はありますが国民健康保険の範囲内の手術なので保険が適応されれば9万円ほどで行うことができます。
ただし、これも病院の設備やサービスの内容、個室を選んだりといったことで入院費用も変わりますから保険の都合と腕予算がある場合には事前にきちんと入院費用を確認しておく必要があります。

逆流性食道炎の薬について

JV197_72A

患者数が増加している

逆流性食道炎はつい最近になって日本でも浸透してきた病名です。
もともと欧米人に多く日本人はかかりにくい病気とされてきましたが、最近では日本でも食生活が欧米化したこと、肥満の増加や生活習慣の乱れが原因となり患者数が増えています。

軽度の場合には、生活習慣を見直すことで改善することができます。
規則正しい生活をしたり、暴飲暴食を控えたり、胃酸の出にくい食生活心がけたり、姿勢を正したり、肥満を解消したり、カフェインを控えたり、うつ伏せ寝をやめたりと行ったことが一般的です。

それでも症状が改善しない場合には薬を服用しての治療が必要となります。
市販の薬で症状を緩和することはできますが治療とは異なります。

また、人によってその症状の重さや内容、薬との相性は異なるので自己判断での投薬では効果が得られないこともあります。
そして、根本的な治療を行わず症状を緩和しているだけだと症状が悪化するだけでなく場合によってはがんになることもありますから、早めの治療が大切です。
治療にあたっては、医師の診断を受け自分に合ったものを処方してもらうことが治療には効果的です。

逆流性食道炎の治療で通う病院

逆流性食道炎の治療で通院する際には、内科や胃腸科、消化器科耳鼻咽喉科への通院が一般的です。
このように様々な種類のこれは症状に応じて自分に合った病院を選ぶためです。
一般的な胸焼けや胃もたれ、といった症状であれば胃カメラで診断をしていくので内科や胃腸科で問題ないです。

もしも、胃カメラの際に鎮静剤を使ってもらいたい場合にはそれに対応してもらえる病院であるかを事前に確認することが必要です。
人によっては胃や食道の症状以外に気管に症状が出ることがあります。
風邪や喘息だと思っていたのに咳が全く治らないため調べたら逆流性食道炎が原因であるケースもあるのです。

逆流性食道炎は人によって胸焼けや呑酸、咳や喉の痛み、声のかすれがあります。
そのような際には胃腸科や内科での処置と並行して呼吸器科や耳鼻咽喉科での処置も必要なこともありますし、呼吸器科や耳鼻咽喉科のみでの治療も可能な場合もあります。

このように、それぞれの症状に応じて自分の通院先を選ぶことが大切です。
ただ、逆流性食道炎が日本で患者数を増やしているのは最近のことです。

そのため、病院によっては症例が少なく適切な処置が受けられないこともあります。
そのような際にはセカンドオピニオンを受けたり、医師に症状が改善しない旨を相談して別治療を開始する必要があります。

薬を服用し始めると、多くの場合には逆流性食道炎の症状は改善されるものです。
しかし、治していくためには長期的な治療が必要です。
少し症状が改善したからといって服用をやめると再発することがあります。

薬の服用は医師の指示に従って行うこと、そして薬の服用と並行して生活習慣の改善を行うことが重要です。
また、人によっては副作用が出ることもありますから少しでも異変を感じたらすぐに医師に相談して治療の是非を相談することが大切です。

サプリメントで逆流性食道炎を改善する

JV195_72A

逆流性食道炎の治療法

逆流性食道炎の症状を改善したり治療したりするためには、一般的には医師に処方してもらった薬で投薬治療をするものです。
多くの人は、通院やと薬治療の前に姿勢を正したり食事に気をつけたり、喫煙や過度のアルコール摂取を控えたりといった生活習慣の改善を行って症状の改善を試みるのです。
しかし、このような生活習慣の改善をしても効果が出るまで時間がかかるものですし、症状が重い人はこのような生活習慣の改善だけでは効果が出ずに辛い状態が続いてしまう人もいます。

そうなると日常生活に支障をきたしてしまうことも出てくるために、通院しての投薬治療を始めることが多いのです。
しかし、可能であれば投薬治療を行いたくないと感じる人も多いものです。最近はインターネットや本での情報も氾濫しており、薬は危険であるという意見をあげる人もいます。

そのために薬に頼らず自分の免疫力や食事で治療をしたいと思ったり、単純に薬をもらうための通院の時間が取れなかったり手間が面倒と感じたりするために通院せずに治したいと思う人もいるのです。
そこで、最近注目されているのがサプリメントを用いて逆流性食道炎の症状を緩和する方法です。

サプリメントでの治療

まず、絶対に頭に入れておかなければならないこととしてサプリメントは医薬品とは異なるため治療を行うことはできないということがあります。
しかし、生活習慣の改善と並行して飲むことで治療の補助的役割となったり、日常生活で困らない程度に症状を緩和する効果があるのです。
また、薬と並行してサプリメントを用いて薬の副作用を抑える効果があります。

逆流性食道炎の治療の際、胃酸が分泌されるのを抑制する薬の処方をされることが多いのですが、この種類の薬はカルシウムの吸収を妨げてしまうことが多くあります。
カルシウムが体内に不足すると骨が弱くなってしまったり骨粗鬆症を起こしてしまったりすることがあるため注意が必要です。

そこで、逆流性食道炎の薬を飲みながらカルシウムやビタミンのサプリメントを摂取して骨がもろくなるのを防ぐのです。
サプリの一例として、「なちゅらだま」というアイテムがあります。
こちらのサイトでも分かりやすく説明されています。
>>http://shizen-no-megumi.com/

ただし、サプリメントも正しい摂取を行わなければその効果が薄れるだけでなく、逆に体調不良の原因となってしまうこともあるので気をつけましょう。
あくまでもサプリメントは治療補助であることを理解すること、服用の際には自己判断ではなく医師や薬剤師に相談の上服用することが大切です。