妊婦の方でも発症しやすい傾向がある?

妊娠中に発生しやすい逆流性食道炎

逆流性食道炎は至る所で日々発生していますが、妊娠中の女性も、実は逆流性食道炎を発症する可能性が高いため、注意をする必要があります。
妊娠中は主に二つの理由で、胃酸が逆流してしまい、食道にダメージを与える可能性が高いでしょう。

ですが、赤ちゃんのためにも投薬治療は厳禁とされていますので、自力、もしくは、その他の方法で症状を改善させるしかありません。
一つ安心できるのは、逆流性食道炎になっても、赤ちゃんには影響がないということ。
赤ちゃんがいるのは子宮で、子宮には胃液が流れ込むことはありえないので、その点に関しては、安心してください。

赤ちゃんを元気に出産するためにも、早め早めに、逆流性食道炎のケアを行いましょう。

ホルモンバランスの乱れとお腹の圧迫が原因で起きる

そもそも妊娠中に逆流性食道炎を発症してしまう原因として考えられるのは、主に二つです。
一つはホルモンバランスの乱れによるもの、もう一つは、お腹の圧迫によって起きるものがあげられます。

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすくなり、感情の起伏が激しくなる、体に不調が表れるなど、様々な変化が表れます。
その中の一つが、消化機能の低下、食道の筋肉を緩めるという作用です。
妊娠中に分泌が多くされている女性ホルモンの一つ、黄体ホルモン・プロゲステロンには、こうした働きを促進させてしまう効果があります。
その結果、食べ物の消化に時間がかかり、胃腸の中に胃液が残ってしまい、胃液がちょっとしたはずみで逆流しやすくなってしまうのです。

そしてもう一つは、お腹の圧迫によるものですが、妊娠中はご存知の通り、お腹が圧迫され、胃腸が押し上げられます。
お腹の中の赤ちゃんが大きくなればなるほど、お腹の内部が圧迫されて胃液が逆流しやすくなり、逆流性食道炎を発症しやすくなるのです。

これら二つの大きな理由が重なり、妊婦さんは逆流性食道炎を発症しやすくなると言われています。

投薬治療は危険…対処方法は?

妊娠中の投薬治療は、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性が高いため、基本的には使用禁止をされています。
食べ物、飲み物ですら気を使わないといけないため、何かと大変でしょう。

投薬治療が行えない以上、自力でケアをする必要があります。
少しでも症状を改善するために、食生活に十分気を配り、油物などの、胃酸を分泌しやすくし、消化が悪いものは出来るだけ避けることが大切です。
食べ過ぎ飲みすぎもよりお腹を圧迫してしまいますので、腹八分目に止めて、お腹が必要以上に圧迫されない環境を作るように心がけましょう。

寝転がる際にも、少し頭を高くして眠ることが出来るように、枕を高めにセットすることも、対処法として効果的です。

若い人にも逆流性食道炎が増えている

逆流性食道炎が若者に増加しているのはピロリ菌が理由?

逆流性食道炎は近年、10代から20代の若者を中心に発生している病気として知られています。
逆流性食道炎はイメージ的に中高年に起こるイメージが強い方も多いかと思いますが、実はそんなことはないのです。

若者は、なぜ逆流性食道炎を発症しやすくなっているのか。
その原因は、ピロリ菌の保有率が原因とされています。

ピロリ菌は、悪玉菌として体内に巣くい、胃炎や胃がんを発症させるリスクが高くなる恐ろしい菌として知られています。
食べ物の衛生環境が良くなかった一昔前までは、このピロリ菌を保有している人が多く、体内から減らすケアをする人が現代でも少なくありません。

現代の食事の衛生環境は非常に優れており、ピロリ菌どころか、チリ一つ混入することすらないのではないかというほど、安心で安全な食事を食べることが出来ています。
その為近年の若者には、体内のピロリ菌保有者がほとんどいないとさえ言われています。

ですがこのピロリ菌には、胃酸の分泌を抑える働きがあることが分かっています。
その結果、ピロリ菌の保有量が多い中高年は逆流性食道炎にかかりにくく、保有量が少ない若者が、逆流性食道炎を発症するという事態が起きてしまったのです。

ピロリ菌はいない方が良い!だけど逆流性食道炎は治したい…

胃がんをはじめとしたリスクを考えても、ピロリ菌は体内にいない方が良いに決まっています。
ピロリ菌が体内にいなくても、逆流性食道炎は治す方法がありますので、安心をしてください。

まずは、逆流性食道炎をなぜ発症しているのか、原因を突き止める必要があるでしょう。
発症原因として若者に多いのが、暴飲暴食、喫煙、コーヒーの飲みすぎ、不摂生、運動不足や太りすぎなどがあげられます。
若者の場合、意外にもストレスによる逆流性食道炎はほとんどなく、いずれも不摂生が原因で発症していることが多いでしょう。

日頃の食生活改善や、投薬治療ですっきり解決

逆流性食道炎を改善するためにはまず、日頃の生活の見直しを行うことが大切です。

食べ過ぎ飲みすぎを避けて、腹部の圧迫環境を改善することはもちろん、胃酸が発生しやすい食べ物、飲み物を避けることも大切です。
また、腹部を圧迫しやすいポーズや大切を避けて、胃酸が逆流しにくいポーズをするように心がけましょう。

更に逆流性食道炎は、投薬治療を早めに開始することで、1~2週間前後で症状改善が可能です。
治療が遅れると、その分症状が悪化してしまい、治りにくくなるため注意が必要でしょう。
また、一度完治しても再発することも多いので、日頃の食生活に注意する生活は、しばらく止めることなく、出来るだけ続けるようにしましょう。

逆流性食道炎の合併症であるパレット食道とは?

逆流性食道炎の合併症 バレット食道について

胃酸が食道に逆流する、逆流性食道炎ですが、そんな逆流性食道炎は、ただ食道がただれるだけで終わることはありません。
早めに治療を行わずに放置してしまうと、次に、バレット食道という合併症を発症します。

バレット食道とは、食道にダメージが蓄積し続けた結果、食道が胃液から食道本体を守るために、食道そのものの材質を変えてしまうことを指します。
通常食道は、扁平上皮と呼ばれる上皮で作られていますが、胃酸を受け続けた結果、胃酸のダメージに強くなるように、胃腸と同じ上皮、円柱上皮と呼ばれる上皮になるのです。
一見何の問題もないように感じるかもしれませんが、胃の上皮は非常にデリケートで外的刺激に弱く、食べ物を食べたり、空気を吸うたびに、敏感に反応してしまいます。
その結果ダメージが蓄積し、バレット食道となった部分は、食道がんへと発展していくことがほとんどでしょう。

バレット食道は食道がんを発症するケースも多い

バレット食道を放置するとこのように、食道がんへと悪化してしまう可能性が高くなります。
食道がんは致命傷となる非常に危険な病ですので、何としても、バレット食道の段階で、阻止をしなければいけません。

バレット食道は、逆流性食道炎を治し、胃酸からのダメージを受けなくなることで、自然と元通りの上皮に変化していきます。
その為、一刻も早く逆流性食道炎を治すことこそ、食道がんを防ぐ道であるといえるでしょう。

バレット食道になってから食道がんに悪化するまでは、そう時間がかかりません。
可能な限り、逆流性食道炎の段階で症状を改善して、バレット食道になることそのものを防がなければいけないといえるでしょう。

一刻も早い逆流性食道炎の治療を行いましょう

逆流性食道炎は、投薬治療を行うことで症状が改善していくことがほとんどです。
ですがその他にも、日常生活のケアも欠かすことが出来ないでしょう。

特に気を付けなければいけないのが、食生活です。
アルコールの過剰摂取や喫煙、食べ過ぎ飲みすぎカフェインの摂りすぎも、胃酸を大量に発生させやすいため危険です。
胃酸を出来るだけ出さない、体に優しいおかゆや野菜ジュースなどを中心に生活をしていきましょう。

また、ベルトで体を強く締めたり、うつ伏せで眠ることもご法度です。
腹部を圧迫するような行動、体制を避けるようにして、胃酸の逆流を防止することも、防止策としては非常に重要になります。

このように、投薬治療の他にも、日頃の生活において気を付けるべきことはたくさんあります。
バレット食道を発症して食道がんに陥らないためにも、ケアを欠かさずに行い、治療をスムーズに行いましょう。

背中の痛みも逆流性食道炎によるもの?

逆流性食道炎を発症したときに痛むのは胸部分だけ?

逆流性食道炎は、何らかの理由で逆流をしてきた胃酸が、食道を傷つけ、胸やけや胸の不快感を発症する病気です。
主に胸部分、体の前面に不快感が表れやすい病気として知られていますが、その他にも、人によっては、痛みを中心に、様々な症状が表れるでしょう。

例えば、コンコンと渇いた咳、のどの違和感、声の出しにくさ、酸っぱいにおいが口から漂う、食欲不振、お腹のハリ、げっぷ、胃の重みなどがあげられます。
いずれの症状も、続くようであれば異常事態であり、逆流性食道炎が悪化してしまう恐れがありますので、十分注意が必要です。

逆流性食道炎ではない場合もこうした症状が表れることはありますが、いずれかの症状が重なっているという場合は、ある程度注意をするべきでしょう。

背中の痛みを感じることは稀にあります

意外と知られていませんが、逆流性食道炎を発症すると、胃の痛みや胸の痛みなどの前側の痛みだけではなく、背中側の痛みを発症することもあります。
背中に突き刺すような痛み、重く鈍い痛みなど、明らかにいつもとは違う痛みが表れた場合は注意が必要です。

背中の痛みだけが表れるという方も稀にいますので、逆流性食道炎と気が付かれずに、判断が遅くなった結果、症状が悪化してしまうケースが少なくありません。
症状が悪化するとその分、痛みも強くなり、その他の部分にまで痛みを発症する可能性がありますので、出来るだけ早い対処が必要でしょう。
何らかの異常を感じたら、出来るだけ早めに病院に行くことをおすすめします。

背中の痛みが続くようであれば即刻病院へ

背中の痛みがピンポイントで続く場合は、逆流性食道炎ではない可能性もあります。
たいていの場合、数日あればその他の逆流性食道炎の症状も表れることがほとんどですので、警戒をすることが大切です。

背中の痛みが数日間続く、眠れないほど痛くて耐えられないという場合は、無理せずに即刻病院に行きましょう。
他の病気の場合、命の危険にさらされるケースもあります。

背中の痛みを改善するためにも、同じケアが効果的

逆流性食道炎を改善するためには、腹式呼吸などの運動、体操を行ったり、日頃の眠り方に注意をすることが大切です。
そのケア方法は、背中の痛みにも同じように効果を表しますので、逆流性食道炎によって背中が痛む場合は、同じケアを行いましょう。

背中側の場合はうつ伏せで寝た方が楽に感じるかもしれませんが、それは誤り。
胃腸から更に胃酸が押し出されて、状況が悪化するだけですので、絶対にやめましょう。
背中側にバスタオルなどを敷いて底上げし、上半身が軽く高くなるようにケアしてみてください。

空気呑気症から逆流性食道炎が発症する!?

空気呑気症は逆流性食道炎の一つの原因となる

空気呑気症とは、無意識のうちに、何らかの理由で空気を呑み込んでしまい、体内に空気が溜まっていく病気のことを指します。
空気が蓄積することで、体に様々な異変が起こり、様々な症状が表れますが、その中の一つに、逆流性食道炎があげられます。

空気を飲み込むことで胃袋が空気でパンパンになってしまい、圧迫された胃から胃酸が食道に逆流。
その結果、逆流性食道炎を発症してしまうのです。

根本的な原因はこの場合、空気呑気症によるものですので、空気呑気症を改善しない限り、症状が改善することはありません。
空気呑気症の治療をまずは行い、その後、逆流性食道炎の治療に取り掛かるケースが多いでしょう。

空気呑気症を治すことで症状が改善するケースも

空気呑気症になってから逆流性食道炎が発症したのであれば、空気呑気症さえ直してしまえば、逆流性食道炎も徐々に症状が改善していきます。
ですが、空気呑気症が治らない限り、逆流性食道炎の根本的原因も治らないため、いつまでたっても治療が進みません。
まずは空気呑気症を治すケアを行ってから、逆流性食道炎の治療に入るケースが多いでしょう。

また、空気呑気症が治っても、食道に激しいただれや炎症が起きている場合、そう簡単には症状が治りません。
痛みや治療をするためにも、投薬治療を別途行う可能性が高いため、治療が長引く可能性が高いことは覚悟しておきましょう。

そもそも自分が空気呑気症かどうかを見極めるには?

そもそも、自分が空気呑気症かどうかを見極めるためには、空気呑気症の人の症状を知る必要があります。
空気呑気症を発症すると、主にこのような症状が表れる方が多いでしょう。

まずは、げっぷやおならがやたらと増えるということです。
空気が体内に蓄積してしまうため、逃げ場を求めた結果、げっぷやおならという形で排出されていきます。
げっぷやおならの回数が、理由もなく、以前に比べて明らかに増えたという場合などは、空気呑気症の可能性が高いでしょう。

次に、便秘でもないのにお腹が張っているという症状です。
便通はよく、特に食べ過ぎた覚えもないのに、お腹が張っているという場合も、空気が蓄積している可能性が高いでしょう。

空気呑気症の原因はひとそれぞれ

主にこれら二つで見分けやすい空気呑気症ですが、発生理由は人それぞれです。
ストレスが原因で無意識のうちに息を飲み込む回数が増えている方、のどが渇いて唾を飲み込む回数が多い方など、人によって異なります。
いずれも放置していては、逆流性食道炎も完治させることは難しいので、一刻も早い治療が必要になるでしょう。
医師に相談をして、適切な治療を受けてください。

逆流性食道炎の投薬治療の種類

投薬治療を通して治療を行う逆流性食道炎

逆流性食道炎と病院で診断をされた際には、主に投薬治療を行って、治療が行われていきます。
投薬治療そのものはメジャーな方法ではありますが、行われる投薬方法は病院によって異なりますので、薬の種類を事前に学んで置き、医師と相談をするようにしましょう。

もちろん、薬によっては副作用や、体質的に、状態的に飲むことが出来ない薬も存在します。
医師と相談の上、トータル的に考えて、飲む薬を決めることが大切です。

制酸薬を利用して、胃酸を中和

副作用が比較的少なく、初期段階の場合に利用されることが多いのが、制酸薬と呼ばれる薬です。
制酸薬は、胃酸そのものを中和し、食道に逆流した際にもダメージを軽減することが出来る薬になります。
即効性が高く、食道粘膜のダメージを防ぐ効果が高い薬として知られていますが、効果のある時間が短いのが難点です。

同じように、効果のある時間は短いものの、即効性がある薬として、粘膜保護薬があります。
粘膜保護薬は、食道そのものをカバーするために利用される薬で、胃酸の刺激から食道を保護し、炎症を抑える効果が期待できます。

これらの薬は即効性が非常に高いため、胃酸そのものを抑える薬と併用して飲まれることがほとんどです。
副作用としては、便秘や下痢などの、腸内環境の悪化があげられますが、薬を飲むことを止めたら、自然と改善していくでしょう。

プロトンポンプ阻害薬で胃酸の分泌を抑える

胃酸そのものの分泌を抑える効果があるのが、プロトンポンプ阻害薬です。
こちらは、胃液を分泌する器官である、プロトンポンプの働きを抑制し、胃酸の分泌を抑える効果が期待できるでしょう。

逆流性食道炎が再発する際によく飲まれるタイプの薬で、副作用として、肝障害や発心などが起きることもある、効き目の強い薬となります。
一度収まった症状が再発する際に飲まれることも多く、他の薬と合わせて併用されることもあるでしょう。

薬局でも購入可能なH2ブロッカー

ヒスタミンH2受容体拮抗薬、通称H2ブロッカーも、頻繁に利用されている薬として知られています。
こちらの場合は、胃酸の分泌を抑える効果があり、一部の薬はドラッグストアや薬局などでも購入が可能な点から、利用者が多いといえるでしょう。

副作用として、発疹や食欲不振、口の渇きや便秘、下痢などの症状が発生することがあります。
体への負担が大きい薬のため、市販品の場合は、三日以上飲み続けても効果が表れない場合、必ず医師に相談するように指導が行われるでしょう。

このように、様々な投薬治療を行うことが可能で、人によってあっている薬などは異なりますので、注意をすることが大切です。

寝るときの体の向きを変えるだけでも、軽減される

逆流性食道炎は、寝方で非常に楽になる

逆流性食道炎は、眠っている最中が実は一番症状が悪化しやすいことで知られています。
寝転がることで胃酸が食道に逆流しやすくなり、炎症がさらにひどくなってしまうのです。

ですが、眠り方、寝方さえ気を付けていれば、反対に、症状を改善することも可能になります。
症状の悪化を防ぐためにも、炎症を防ぐためにも、このような眠り方を心がけるようにしてみましょう。

寝る向きは左向きがベスト!

眠る際には、左側を下にして、左向きになって眠ることが大切です。
左向きで眠ることで、胃腸が食道よりも下の位置になり、自然と胃酸逆流を抑えることが出来るのです。

反対に右側にして眠ってしまうと、胃酸が食道に流れ込みやすくなる状態が出来るため、大変危険です。
右向きになって眠ることだけはないように、壁を背にして眠るなどして、対策を講じることをおすすめします。
抱き枕などを利用して眠ることで、抱き枕がある方に自然に眠れるという方もいますので、試しに行ってみても良いでしょう。

うつぶせ眠りはNG!

絶対にNGなのは、うつ伏せ眠り。
うつ伏せは最も腹部を圧迫し、胃酸の逆流を促進させてしまいますので、絶対にやめましょう。

また、胃酸の逆流促進だけではなく、うつ伏せはどうしても、食道も圧迫されてしまいがちです。
ただでさえダメージを受けている食道部分まで圧迫をしてしまうと、より症状を悪化させてしまう恐れがありますので、十分注意をしましょう。

上半身をタオルなどで底上げして眠る

眠り方に注意をすることは非常に重要ですが、人間、眠っている時は意識をし続けることは出来ません。
そのため、眠るときは気を付けていたのに、朝起きたらNGな眠り方をしていたという方も少なくないでしょう。

そんな事態を避けるのに効果的なおすすめな眠り方は、少し上半身を底上げして眠るというものです。
眠る際に、クッションやタオルなどを敷いて、上半身が少し高くなっている状態で眠ることで、簡単に胃酸の逆流を防ぐことが可能です。

頭から肩、背中の上部にかけて厚みを与えることで、眠る際に意識をしていなくても、自然と楽な状態で眠ることが出来るようになります。

もちろん、下に敷くものによっては、寝苦しかったり、ずれてしまって上半身がうまく上がっていなかったということもあるかと思います。
そうならないためにも、いくつか試し寝をしてみて、より寝心地がよく、安定して眠れる品を見つけると良いでしょう。

シーツの下や布団の下から底上げグッズを利用することで、ずれる可能性も少なくなります。
色々と工夫をしてみることで、上半身を軽く上げた状態で、どんな向きになっても眠ることが出来るでしょう。

症状を和らげるための体操

逆流性食道炎とはどのような病気なのか

逆流性食道炎とは、何らかの理由で食堂に胃液が逆流し、食道がただれて炎症を起こす病気です。
逆流をする理由としては色々と挙げられますが、主に、過剰なストレスや、喫煙、アルコール、コーヒー、華麗によるものなど、様々なものがあるでしょう。
また、ベルトの締め付けや過食など、腹部を物理的に圧迫した結果起こる、一過性の逆流性食道炎も少なくありません。

一過性のものであれば、一度ただれてしまった食道が治りさえすれば、徐々に症状が改善していきます。
ですが、原因が前者の、ストレス性の場合は、アルコール、喫煙などによるものの場合。
根本的な原因が解決しない限り、延々と胃酸が逆流し、炎症が止まることがありません。

まずは原因を探り、原因に合わせた運動を行いましょう

逆流性食道炎は、放置してしまうと、内臓を痛めつけ、食欲不振や体調不良をはじめ、患部の強い痛み、更には、炎症が悪化したことによるただれ、腫瘍に陥ることもあります。
出来るだけ早く原因を探り、原因に合わせたケアを行うことが必要でしょう。

とはいえ、原因が一つだけとは限らない場合もあります。
本人が気付かないだけで、原因がいくつか重なりあっており、発生する逆流性食道炎も少なくありません。
その場合、原因を突きとめるよりも、逆流性食道炎に効果の高い体操をした方が、手っ取り早く状況を改善できることも多いでしょう。

症状を改善するために効果的な体操

簡単に行うことが出来る体操が、腹式呼吸の体操です。
腹筋を使って呼吸をし、胸呼吸、肺呼吸ではなくするのですが、難しいことは考えずに、腹式呼吸をマスターしていきましょう。

腹式呼吸は、息を吸ってお腹を膨らませていき、息を吐きながらお腹をへこませていくことが一連の流れです。
体全体をリラックスし、お腹だけに力を入れて腹式呼吸を行いましょう。
腹式呼吸を実感するためには、一度寝転がってみて、この呼吸法を行ってみることをおすすめします。
真の効果を得るためには、立って行うべきですので、寝転がって腹式の感覚が何となくわかったら、必ず立って呼吸法を行ってください。

腹式呼吸をマスターするためには、腹筋を鍛えることも大切です。
腹筋がある程度鍛えられれば、腹式呼吸を簡単に行うことが出来るでしょう。
とはいえ、体調が悪い中、通常の腹筋をしたら、体調が悪化する恐れがあります。

椅子やベッドに腰かけて、後ろに両手をつき、少し上半身を後ろに傾けて腹式呼吸を行うことで、腹式を意識しながら、腹筋を鍛えることも出来るでしょう。
腹式呼吸を行う際、回数としては、やりすぎてもだめですので、30回前後に止めておくことをおすすめします。